土地など不動産の名義変更は、ホントに必要なのですか?

土地など不動産の名義変更には、名義人が死亡してからの変更期限などは一切ありません。

しかし放置したままでは将来的に不動産の分与がむずかしくなる可能性もあります。

・名義変更しなくても当面は大丈夫。

結論から言ってしまうと名義人が亡くなっても、土地など不動産の名義変更手続きをあわてる必要はありません。

法律で定められた期限などは一切ないので、名義変更しなかったとしても、罰せられることはありません。

名義はそのままで、毎年の固定資産税などの通知が故人宛てに送られてきます。

家族の誰かが代理の形で納付していれば問題ありません。

ただし放置して問題が起こらないわけではありません。

・何十年も放置したままの事例も。

中には何年も何十年も名義変更しないままの人がいますが、その状態でもっとも困るのは、相続人が増えて手続きが困難になることです。

不動産の相続人が増えるということは、遺産分割協議書などを作成しようと思っても合意形成がむずかしく、手間がかかるばかり。

横やりが入ったりする可能性も増えます。

・不動産の名義変更を放置しても罰せられませんが、相続人が増えることで分与の額が小さくなることも考えられます。

被相続人の中には“遺産の分け前”に不満を言い出し、不動産の売却・現金化がむずかしくなることや、面倒な手続きが増えて、名義変更の費用が高くなってしまいます。

不動産の名義変更はあわてなくても大丈夫ですが、放置したままの状態は賛成できません。

【気になる記事】「いらない土地」なのに相続が必須に?九州本土より広大な所有者不明の土地が問題に=山田和美

Comments are closed.