土地など不動産の名義変更は長男で? 誰にすべきですか?

土地や建物など不動産の名義変更は遺産相続を意味します。

相続人が多いと分割協議の合意もむずかしくなりますが、とりあえず3つの方向性が考えられます。

・無理に昔の風習に従う必要はない。

土地や家屋などそれまでの名義人が亡くなって、不動産の名義変更(新しい名義人)をする場合は、昔なら“長男が家督を継ぐ”といって、ほぼ無条件に名義変更されていました。

しかし代々そこの地域に暮らし、長男が住み継ぐというライフスタイルがなくなったいま、長男が土地や建物の名義人である必要はなくなりました。

・新しい名義人を決める3つの方法。

土地を含めた不動産の名義変更を考えた場合、新しい名義人を決める方法として、次のようなことが考えられます。

1つは、法定相続分どおりの名義変更を行なって、当該の土地や建物は「相続人の共有」とする。

2つめは、遺産分割協議書を作成し、合意の上で特定の相続人を選出し新たな名義人とする。

3つめは、故人がのこした遺言書を尊重し、そこに指名されている相続人の名義とする~。

・合理的に考えれば、故人と一緒に暮らしている兄弟の誰かが引き継ぐのも1つです。

現実的で合意が得られる名義人を選出しましょう。

遺産となる土地など不動産の名義変更は、事務的な手続きよりも、法定相続人の間の合意を得るほうがずっとむずかしいものです。

合意がむずかしければ上記の「相続人の共有」で収める方向もありです。

Comments are closed.